FC2ブログ

プロフィール

なこ

Author:なこ
高齢者福祉関連の仕事を
している「夏香(なこ)」です。

自分が経験した介護や子育ての
ことを通して、自分のネット
ワークが広がると良いな~♪と
思っています。 
どうぞ宜しくね (*^^)v


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:仕事のはなし
こんばんは なこです。

先日仕事で参加した講演会は認知症の人と家族の会さん主催のもの。
オレンジリングが同封されていて認知症サポーター養成の一環のものだった。
自分の介護を振り返りながら一日を過ごしていた。


思えば私の義祖母も認知症(当時は痴呆と言ったが)と言われ名古屋に
91歳で帰ってきた。もちろん既に私は義母の介護がスタートしていたが・・・
こちらの予定などお構いなしの決定事項だった。

私にとって義祖母という存在は全く眼中には無かった。
結婚した前年既に90歳になっており、結婚式にも参加していなかったし、
東京の娘(義叔母)のところに居て帰っては来ないと聞いていたので。

それがどう間違えたらどうなるのか、最近ボケてきて「名古屋に
帰りたがっている」といきなり差し戻し状態で帰ってきたのだ。
前にもどこかで書いたかもしれないけれど、私は1度流産を経験し
そのとんでもない電話を受ける直前第2子の妊娠を確信したばかりだった。

本当のところ、義母の介護だってリウマチのため身体はだんだん動けなく
なっていたが、頭の方はしっかりしていてプライドの高い義母と折り合うのも
かなり大変で、そういうストレスで流産していることもあり、私はピリピリしていた。

そこへ認知症のおばあさんが帰ってくる。。。今から考えたら何で放り出すことを
選択しなかったのか不思議な話(苦笑)そして何とも家族の無神経な話。
当時は今より嫁がやって当たり前だったからね~。

痴呆の人ってどんな人?不安より分からないことが多くてどうしたら良いか
それこそ???の毎日。
普段は義父母と義祖母が3人で住んでいた。私は義祖母が名古屋に来る
3ヶ月前に近所に引っ越しをした。それが唯一自分の場所を確保する手段。
それもなるべく近くでと義父母に気を使いの引っ越し。

自宅のことを早々に終え、1日1回は義父母宅へ来る。まだ義母もすごい
恐ろしい状態で家事をしていた、何とか出来ていた。。。
義父も田舎に田んぼを見に行かなければ家に居ることもあり、ボツボツと
生活していた。

一時義祖母も改善(症状停滞)の時期が有ったが、義母のリウマチの
進行と共に段々義祖母の方も怪しくなってきた。
義母が入院すると義祖母の混乱が進む。義母の入院は短くても3か月。
そして退院後は義母の方も自分でできなくなることが1つずつ増える。
義祖母も混乱期の中で無表情になり下の失敗が増え、それを隠したり
そのまま寝てしまうことも多く山のような洗濯の嵐。
「何で私だけこんなことをしているんだろう」言いようのない社会から
取り残された焦燥感に駆られ、泣き泣き暮らしていた時期だった。

その時の私に正しい認知症の人の対しての知識があったかと言うと
正直皆無に等しいものだったかもしれない。でも生活するのが精一杯
だったんだな~。

結局義祖母は名古屋に帰ってきて、4年を経て老衰で亡くなった。
当時子供はもうすぐ幼稚園に入園する長女と次女3歳。
可愛い盛りの子どものことも思い出せないことが多いほど、洗濯と
食事作りと病院通いとの嵐のような日々だったとしか振り返れない。

今にして思えば、何てもったいない時間だったんだろうと思う。
もし今ならまた違った関わりや生活だったかもしれないけれど、
出来たらもう2度と勘弁してほしい。。。それぐらい私は辛い時期だった。
とても認知症の人の世界に寄り添って・・・などとはできない私がいた。

今はせめてそれだけで終わる人が一人でも少なくなればと、私に出来ることを
探しながら今も福祉や介護に関わる生活をしている。認知症の方と
それを支える家族が少しの時間でもその人らしく安全で穏やかに暮らせる
社会を作る人間でありたいと、サポーターの資料を見ながら改めて思った。

今日はちょっとだけ昔を振り返りました。。。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なこの部屋 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。