プロフィール

なこ

Author:なこ
高齢者福祉関連の仕事を
している「夏香(なこ)」です。

自分が経験した介護や子育ての
ことを通して、自分のネット
ワークが広がると良いな~♪と
思っています。 
どうぞ宜しくね (*^^)v


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:子育てのはなし
こんばんは なこです。

連休明けの慌しさも何となく終息を迎え、いつもと変わらない
毎日が流れている月曜日でした。

学校へ子どもを迎えに行くまではね・・・(苦笑) 用事が早めに終わったので次女を迎えに行きました。
名古屋市には学校にトワイライトという一時預かりの
制度が有って、我が家もそれにすっかりとお世話に
なっております。

最近は職場から学校の間の道路が地下鉄の工事の為に
混むようになり、時間を見計らってトワイライトから
待ち合わせにしている場所まで子どもが降りてくるので
お迎えに行く事が減っていました。

珍しく迎えに行くと・・・担当のアシスタントの
地域の方から「ちょっとお話が・・・」と呼び止められました。

お話によると、トワイライトには参加票を出さないと
いけないのですがそれが滞っていてそれを注意したとのこと。
その時どうも次女ったら屁理屈をこねたみたいです。

「そんなこという子じゃないのに~お母さん反抗期ですか?」
と聞かれ、こちらは少々平謝りでした。(汗)

少し前から何でも姉に頼る生活改善の為に朝は自分で起きて
用意してなどなどさせていて、目が行き届いていなかった・・・
それが有るので私の方もこれからもきつくご指導をお願いして
帰りました。

ところが帰ってから話しに伏線?が有ったみたいで、
直接そのクレーム内容と関連は無かったと思うけれどね。

大放課(2~3時間目の長い休み時間)に6年の男の子に
遊具の上で次女がとうせんぼをされて「通りたかったら
500円払え!」と言われたらしい。
どこまでが本音でどこまでが冗談か分からないけど、
みーたん(次女)は本気で言われたと思い怖くなって、
手を引っかいてすり抜けようとしたらしいのよね・・・
そして相手に接触した、
それが6年生にすれば押して攻撃したと思ったらしく、
遊具の上から押され脇の鎖のフェンスにぶつかった。

これが事の経過らしい・・・苦笑
全容は一応双方の話しを聞いてくださった先生のお話も
聞けたので分かったんだけれどね~。

アシスタントさんに注意を受けたのが今日だったのも
どこかに娘に素直に聞けない気分だったのも有った
のかもしれない。

でもそれはそれ、これはこれと一応色々を聞いて子どもと
話しをした。
ぶつかった経緯など諸々やトワイライトのアシスタントさん
とのやりとりにみーたんの意見もあると思って、とりあえず
まずそれは聞いた。

でもさすがに自分も引っかいたことや、アシスタントさんに
屁理屈のような失礼な言い方をした事は黙ってた・・・。

私は3つの事を娘に怒った。
一つは目上の方に対しての態度についてと約束事は守る
という事(当たり前の話しなんだが・・・(汗))
二つ目は自分の都合のいいことだけを話す話し方は
してはいけない事。
そして三つ目はそもそも生活のリズムがやはりなっていない
ということ・・・。

ここぞという時、ビシッと言っておかないとやはり次女と
言う事でついつい甘くなってしまっているのでね。

色々と言ってくださる地域の方にはお礼も言いたい。
行き届いていない部分に関して私もちょっと反省した。
深夜のバイトになって、私もちょっと目が行き届いて
いなかった~と思ったから。

それから娘にこうも言った。
「それでこれからどうするの?」
何か事が起こって、叱り飛ばして終わってはいけないと思う。
改善の為にこれからが大事。色々と話す中で次女自身に
いくつか自分でしなくてはいけないことを上げさせて約束をした。
これは家庭の中の躾の部分なので、ここでしっかりと流れを
作っておけないといけないな~と思っている。

それから最後に
「ママはいつもみーたんの傍に居たいと思うし、味方だけれど
24時間いつも張り付いてはあげられない。自分の道は自分しか
歩めないのだ」と。

きっと9歳の娘にはまだ難しい部分もあると思う。
でも9歳に分かるように言葉を噛み砕いて話してやらなければ
それが私に出来る唯一のことだから。

地域の方や学校の先生、お友達に感謝して頑張って 
みーたん!!

ちなみにぶつかった頭にはしっかりとたんこぶ(苦笑)
まだまだこれからもきっと色々有るんだろうな~ 
^_^; アセアセ
スポンサーサイト
コメント

こうして対処してくれる母と子には強い絆が見えてくるわ。
日々の忙しさにかまけて、ついつい自分の感情で叱ってしまいそのままになっている親は、5万と居るであろうに、当たり前と言えばそうだが、コレが正しい母と子の在り方だと読んでいてそう思いました。 (=⌒ー⌒=) 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なこの部屋 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。