プロフィール

なこ

Author:なこ
高齢者福祉関連の仕事を
している「夏香(なこ)」です。

自分が経験した介護や子育ての
ことを通して、自分のネット
ワークが広がると良いな~♪と
思っています。 
どうぞ宜しくね (*^^)v


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:仕事のはなし
こんばんは なこです。
朝夕はひんやり・・・思わず何を着て行こうかな~~と毎日試案中。

今日は私が仕事で関わった事で感じたことを書こうと思う。
私は仕事以外でも結構介護や福祉に関する雑誌を読んだり新書を読んだり
することが好きな方で、前からゴミ屋敷と呼ばれるお宅が存在することは
もちろん知っていた。でも私が関わる利用者さんは要支援の方で介護の世界では
比較的軽い状態の方とのお付き合いなので全然無縁な世界だとも思っていた。
でも・・・包括支援センターは何でもありの職場!!無縁な訳も無く・・・
私の担当にも何とそういう方がくる事態と相成った。

しかしこの話もともと生活保護の方のお宅なので保護係が訪問などをして
関わりが決してゼロのお宅では無かった。が・・・よくよく聞けば保護係の担当者は
本人の入室拒否も有って自宅の現状確認をしたことがなかったようである。

かくして私は初回訪問を実施、その際は保護係と一緒に伺った。
もちろんその時は私にも入室拒否。本人は玄関先に仁王立ちで玄関で話を
聞くという。。。
その日は1時間での初回訪問、質問もかなりコンパクトにしての聞き取り・・・
でも私は話の内容よりブンブン飛んでいるハエと名前のわからない虫が
気になった。おそらく家の中は想像程度の様子なのではないかと思って・・・。

当然その1回の訪問では必要な聞き取りの何分の一しか出来ていない。
というか、聴き取りも去ることながら信頼関係を構築してからでないと、
自宅への介入は難しいかな~とも思った。でもそれこそ現状確認しないで
ご本人様の意思とやらに沿っていただけでは保護係とやってることは同じ。
今日はそのまま脱いで捨ててもいい恰好で2度目の訪問へ向かった。

この日は玄関先だろうととにかく粘ってみようと様子次第で動くことに決めていた。
その結果お話は2時間コースになり最後の最後に恥ずかしいと言いながら
本人は玄関を開けてくれた。
入る時はさっさと入る、私は決してお嬢様タイプでは無いので腹を括れば
たぶん大概の事は出来るタイプだと思っている。
その私も内心ぎょぎょ!!!と思うお部屋。。。

やはり想像通りの家の中だった。ゴミ袋なのかきれいな袋なのか不明な
袋類が部屋の中に散乱していて汚れきった衣類と寝具があちこちに無造作に
置いてある。排泄物も部屋に放置しっぱなし トイレは和式で使用が難しいようだ。
ポータブルトイレのそばにどういう状態か凝視できなかったけれどゴキちゃんの
存在も有りで衛生面はとてもじゃないけれど放置しておくには問題ありだった。

そしてその現状を確認した後職場へ帰還。。。さすがに疲れてしまった。
帰ってきてどう対処するかな。。。と考えた。
もちろん保護係にもこれまでの経緯を聞きつつ相談にも行った。
でもつくづくお役所だな~と言う返事しか 当たり前だが帰っては来なかった。

在宅は希望しているけれどヘルパーが入れないほど汚れていて掃除や片づけに
どこからもお金が出せないのであれば部屋は仕方が無いよね・・・とのことの
ようだ。確かに汚れていても死なないかもしれないが、何も起こらなかったら
それで良いってこと??と思ってしまった。
それこそ保護係がそんな程度なら保健所はもっと動かないだろう。
そんなもんだ。。。 と思わざるをえなかった。
そしてこうも言っていた。「本人さんはあまりこうして欲しいとこれまでも言われ
無かったから良いのでは~」と。
擁護を必要とする方の中には精神疾患や認知症で判断が的確に出来ない人も
いれば一見出来ているようでも覚えていられない人、大事なことが分からない
そういう人だっていらっしゃる。要求が無いからじゃ良いのか~~ 
良いわけないじゃん。と私は思えるけれど、そういう方への判断を要求すること自体
どうなんだろうとも今回は考えてしまった。

関わり方を長いスパンでみるとその人の欲することが分かるのだろうか?
その人も気軽に訪問者の誰かには心を開いてくれるのだろうか。
個人の意見の尊重と行政の介入のせめぎあいが無かったら・・・判断出来ない方の
判断は誰が束ねていくんだろう? 少なくとも今回のケース現状確認をもう少し
早くしていたら、状態もここまで酷くなっていたのだろうか。。。

私もここからこのケースどう関わっていけばいいのか、まだしっかりと固まっていない。
判断能力の面ではサポートを要する方とそのご家族様や周りの方々との調節の
中で過ごしたい世界がはっきりすれば自然と関わりの方向性は見えてくると思う。
でもあの部屋を見てそんな悠長なこと言っていて良いんだろうかと思えて仕方が無い。
すぐに動いてあげられない歯がゆさばかりが一日気持ちをどんよりさせていた。



スポンサーサイト
コメント

No title

わぁ~ソレはご苦労様でした。
読んでいるだけで想像しちゃった!コレは勇気のいる仕事ですね。
ゴミの片づけにはお金も掛かる事だし、問題が多すぎ。┐(~ー~;)┌

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なこの部屋 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。